2016年12月14日

しりあがり寿個展「ゆる和」

日本の伝統美をゆる〜く解釈した「ゆる和」をテーマに、墨絵作品、金箔を貼った漫画、掛軸、工芸作品などバラエティ豊かに展示いたします。

会期:12月14日(水)〜19日(月)10:30〜20:00(最終日18時終了)
会場:伊勢丹新宿店本館5F アートギャラリー(入場無料)
http://isetan.mistore.jp/store/shinjuku/floor/main_5f/art/index.html
《しりあがり寿在廊日》 12/14(水)、17(土)、18(日)
《ライブペインティング》 12/18(日)14:00〜14:45
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 21:28| イベント情報

「なりゆきな魂、」公開記念・つげ忠男「夜桜修羅」原画展

2017年1月28日より渋谷・ユーロスペースにて公開されるつげ忠男原作の映画「なりゆきな魂、」(瀬々敬久監督/佐野史郎、柄本明主演)。その劇場公開を記念して、原画展を開催します。
原作の一つである「夜桜修羅」の漫画原画37枚と併せ、描きおろしイラスト15枚も展示予定。さらにつげ忠男他の著作、品切絶版稀覯本、デッドストックを一挙に放出する「蔵出し書店」を同時開催。映画の前売りチケットもございます。ぜひ足をお運び下さい。

期間:2017年1月23日(月)〜2月5日(日)11時〜19時 ※日曜は17時クローズ、水曜休廊
会場:ギャラリービブリオ
東京都国立市中1-10-38
TEL.042-511-4368(FAX共通)
http://d.hatena.ne.jp/banka-an/
入場無料

20161213231820.jpg
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 20:51| イベント情報

2016年12月07日

平田弘史 生誕80年&画業60年記念原画展「超絶入魂!時代劇画の神 平田弘史に刮目せよ!」

 武家社会の底辺で蠢く、虐げられた人間の悲哀と魂のあえぎ、武士道精神を貫いた孤高の男たちの凄絶な生き様……。徹底した時代考証を重ね、自身の体験を血肉化した劇画家・平田弘史は、名もなき下級武士と一体となり、理不尽な格差社会への怒りと悲しみ、そして抵抗を、鬼気迫るずば抜けた画力をもって表現しました。それは壮絶なシーンともなり、「血だるま剣法」は発表当時、発禁処分となりました。「弓道士魂」「薩摩義士伝」「黒田三十六計」など数々の傑作を生み、時代劇画界の最高峰に君臨する平田弘史の生誕80年と画業60年を記念した、初の本格的展覧会です。初公開原画を含む約300点によって、平田劇画の真髄に迫ります。(なお、一部作品の展示替えを行います)
 また、会期中にイベントも予定されていますので、どうぞお見逃しなく!

期間:前期;1/3(火)〜2/12(日) 後期;2/14(火)〜3/26(日)
   午前10時〜午後5時(入館は4時30分までにお願いいたします)
   月曜日休館 ※ただし1/9・3/20(月祝)開館、翌1/10・3/21(火)休館
会場:弥生美術館 東京都文京区弥生2-4-3
   電話:03-3812-0012
   http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/yayoi/outline.html
入場料:一般900円/大・高生800円/中・小生400円
  (この料金で竹久夢二美術館もご覧いただけます)

【会期中のイベント】
◎学芸員によるギャラリートーク
企画展担当学芸員が展示を解説いたします。
1/15(日)・2/12(日)・3/19(日)
いずれも14:00〜(約45分)申込不要 無料(要入館料)

◎寺田克也スペシャルトークショウ
大の平田弘史ファンであるイラストレーターの寺田克也先生に、平田作品・平田先生の魅力について楽しくお話していただきます。当日はトークゲストの予定あり!
3/4(土)17:30〜(約1時間)
事前申込・有料・2/4よりメールにて申込受付開始(詳細は1月中旬頃に弥生美術館HPにてお知らせいたします)

◎平田弘史先生サイン会
平田弘史先生が弥生美術館に参上! 先生に会えるチャンスです!
3/11(土)午後より 先着順
※詳細は1月中旬頃に弥生美術館HPにてお知らせいたします。

★「平田弘史応援隊」特別サイトが開設されました!
http://www.laputa.ne.jp/ouentai/
各界の平田ファンからのコメントや関係者によるブログ、平田先生の動画など盛り沢山。本展担当学芸員も「展覧会準備日誌」を担当し、毎週更新しておりますので、是非ご覧ください。

hirata.png
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 16:07| イベント情報

2016年12月06日

中田いくみ個展「ふんだんないじわる」

「アックスVol.99」巻頭では、アート集団『画賊』の一員として登場。またビリケンギャラリーで行われたアックス展にも参加。国内外で作品を発表し注目を集め、最近ではコミックの分野にも活動を広げる作家・中田いくみさんがひさびさに国内で個展開催です。

会期:2016年12月16日(金)〜12月25日(日) 休廊日/水・木
   平日13:00〜20:00 土日祝13:00〜19:00
   ※初日は18:00〜オープン 最終日は17:00終了
会場:ギャラリーポポタム
   東京都豊島区西池袋2-15-17
   電話;03-5952-0114
   http://popotame.net/
入場料:無料

nakata.jpeg
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 13:54| イベント情報

2016年12月04日

杉作J太郎・ジャスティス映画学園松山第9回「ジャスティス映画学園のクリスマスパーティ」開催のお知らせ!!

 いつ出来上がるのか、ホントに完成するのか、とファンの皆さまをドキドキさせている映画「チョコレートデリンジャー」ですが、何だかいよいよ完成に向かっているみたいですよ。ということで、ジャスティス映画学園のクリスマスパーティ開催のお知らせです! 映画「チョコレートデリンジャー」の最新情報も含め、新作実験映画の上映も予定していますので、年末は松山までGO!

日程:12月22日(木)20:30〜
会場:松山シネマルナティック(映画「チョコレートデリンジャー」先行公開劇場)
   愛媛県松山市湊町3-1-9マツゲキビル2F 089-933-9240
   http://movie.geocities.jp/cine_luna/
出演:杉作J太郎、アパッチ 他(現在調整中です)
会費:1500円
問い合わせ:松山シネマルナティック 089-933-9240
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 14:07| イベント情報

2016年12月02日

四方田犬彦講演会「白土三平の作品世界」〜漫画家生活60年を祝福する

 これまで、紀田順一郎、山前 譲、種村季弘、長谷邦夫、杉浦康平、九條今日子、東雅夫、小池一夫、山田太一、地引雄一の各氏らによる講演会の開催、また、遠藤ミチロウ氏のライブなど積極的に展開し注目を集めている徳島県の北島町立図書館で、2017年、漫画家生活60年を迎える白土三平氏について、著作「白土三平論」で白土作品の世界を分析するという偉業を成し遂げた四方田犬彦氏を講師に招き、魅力あふれる白土作品の紹介と、そこに込められたメッセージの解読を試みます。傍聴ご希望の方は当日直接ご来場下さい。もちろん他県からのお越しも大歓迎です!

日時/2017年2月12日(日)14時30分〜16時30分
会場/北島町立図書館・創世ホール(3F多目的ホール)
   徳島県板野郡北島町新喜来字南古田91
   電話 088-698-1100
   http://www.town.kitajima.lg.jp/library/
入場料/無料
主催/北島町立図書館・創世ホール
特別協賛/筑摩書房・青林工藝舎
問い合わせ/電話:088-698-1100

【お詫びと訂正】
『アックスVol.114』(12月21日発売)に掲載した告知で日時を2月21日と誤記しておりました。正しくは2月12日です。関係者ならびに読者の皆さまにお詫びして訂正いたします。
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 22:17| イベント情報

2016年12月01日

「根本敬の映像夜間中学 <ゲスト:永井ミキジ+堀道広+齋藤裕之介(仮)>」

 特殊漫画家・根本敬さんの月例トークイベント「映像夜間中学」。2016年最後の開催となる回は、漫画誌アックス最新号で特集が組まれている謎のクリエーター集団「ベンチウォーマーズ」より永井ミキジさん、堀道広さん、齋藤裕之介(仮)さんがゲスト(ほか飛び入りあるかも?)。アックスでの連載「ベンチウォーマーズのほっかほか通信」の取材画像など、皆が持ち寄った画像を観ながらの年末らしく楽しく賑やかな回になりそうです。映像夜間中学は入学手続き一切不要、中途入学大歓迎なイベントです!
日時/12月23日(金祝)19寺30分開場・20時開演
料金/学生1,799円/1,999円(共に1ドリンク付き)
出演/根本敬
ゲスト/永井ミキジ、堀道広、齋藤裕之介(仮)
会場/UPLINK FACTORY(1F)
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1-2F
tel/03-6825-5503
詳細はこちらをご覧ください。
http://www.uplink.co.jp/event/2016/46834
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 20:43| イベント情報

50周年を迎える「朝日小学生新聞」が児童向けまんが家を募集

朝日学生新聞社は、日刊全国紙「朝日小学生新聞」、週刊全国紙「朝日中高生新聞」の発行のほか、書籍の刊行も行う新聞社です。媒体に新風をふきこむまんが家の方を常時探していますが、2017年度の朝日小学生新聞創刊50年に向け、このたび小学生向けのまんがを描ける作家を4コマ/ストーリーの両ジャンルで広く募集を行います。これまでに描かれた自作のまんがを、メールまたは郵送でお送りください。読者に息長く愛されるまんが家の登場に期待しています。

〜応募要項〜

■募集部門
【4コマまんが部門】 有望と思われる方には、面談のうえ、可能であれば2017年4月スタートの連載にかかわっていただきます。
【ストーリーまんが部門】 有望と思われる方には、面談のうえ、2017年度中の短期連載をめざして新作を準備していただきます。
■応募資格 年齢、プロ・アマの別、個人・グループを問いません。
■応募に必要なもの
・最近の作品のポートフォリオ(メール応募の場合はリンクによる閲覧も可)
・応募したい部門の別(4コマまんが/ストーリーまんが)と、〒住所、名前、昼間連絡のつく電話番号とメールアドレス、職業、年齢、他媒体での作品受賞歴および掲載履歴を記したメモ。
■応募方法 メールまたは郵送で。
 メール:cartoon@asagaku.co.jp 件名「漫画家募集」としてください
 郵 送:〒104・8433東京都中央区築地5−3−2
        朝日学生新聞社 編集部「漫画家募集」係
※作品、書類は返却しません。
■しめきり 2017年1月16日(月)必着
※社内で作品を拝見し、結果を2月中旬までにご連絡します。

■お問い合わせ先  朝日学生新聞社 編集部(cartoon@asagaku.co.jp)
電話 03-3545-5222(編集部、担当・谷)
http://www.asagaku.com/pr1118.html
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 11:23| 公募