2019年08月08日

「村岡マサヒロの不自由研究」

奇数年にポポタムにて行われる高知のマンガ家・村岡マサヒロ氏の個展がこの夏開催されます!
利き手ではない左手、ド近眼なのに眼鏡なし、といった不自由な状態を楽しみながら制作した作品や4コマ漫画を展示販売します。なお会期中は自作の怪談を発表するイベントも有り。ぜひ足をお運び下さい!

会期:8月15日(木)〜8月19日(月)
平日13時〜20時 土日13時〜19時
場所:ブックギャラリーポポタム
東京都豊島区西池袋2-15-17
TEL.03-5952-0114
http://popotame.net

◎会期中のイベント(参加費1000円・1ドリンク付・予約不要)
*8/15(木)19時〜 オープニングパーティ
*8/16(金)19時〜 怪談と作品トーク1
*8/17(土)19時〜 怪談と作品トーク2

muraoka_popo.jpg
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 14:39| イベント情報

池田ハル 個展「NEW CINEMA COFFEE」

8/3-8/6まで、長野県上田市にある「ルヴァン信州上田店」で行われた、
池田ハル 個展「NEW CINEMA COFFEE」Vol.1は大好評でしたが、
引き続き北九州市と福岡市で開催されます。
秘密基地に隠された宝物を探しに行ってください!

「NEW CINEMA COFFEE」Vol.2
期間:2019年8月13日(火)〜17日(土) 会期中無休
会場:門司港ゲストハウス ポルト @mojikoguesthouse_porto
北九州市門司区東門司1-10-6 ( JR九州 鹿児島本線 門司港駅より徒歩15分)
時間 :13:00〜18:00 
Tel. 093-342-9938
★ ワークショップ開催日 8/13(火) 14(水)
14時〜16時まで、似顔絵と親子で工作会、
詳細は公式サイトへ http://moji-porto.com/

「NEW CINEMA COFFEE」Pop-Up Shop
8月18日(日)
会場:Barスゴロクモーター
福岡市中央区警固2-15-19
( 福岡市営空港線 赤坂駅より徒歩6分)
★ 新作漫画ZINEとグッズの展示販売
時間 :17:00〜21:00 Tel. 092-732-3838

new-cinema-dm8.jpg
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 14:12| イベント情報

2019年07月30日

パワポ紙芝居

パワーポイントを使った紙芝居の上演会。新たな試みの紙芝居。楽しそうです!

日時/8月3日(土)18時30分開場・19時開演
料金/予約¥1500円+1d(500円)/当日¥1800円+1d(500円)
出演/三本義治、田中六大、堀道広 ほか
ゲスト/後藤友香
会場/よるのひるね

東京都杉並区阿佐谷北2-13-4 一階
http://yoruhiru.com/
詳細は「紙-1グランプリ公式ウェブサイトをご覧ください。
https://kami1gp.jimdo.com/
パワポ紙芝居.jpg
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 18:44| イベント情報

2019年07月08日

おかだしげひろ個展「blue drop」

約1年ぶりの個展がゴールデン街で開催されます。ブルーに染められたキャンパスに浮かび上がる静かな幻想は、優しさやいとおしさがあふれる、受け止めきれないほどの孤独を映しているようで、見る人の心を奪います。

期間:7月13日(土)〜7月30日(火)
   20時〜深夜 ※日曜日のみ14時からオープン
会場:ギャラリーBAR新宿ゴールデン街TOMORROW
東京都新宿区歌舞伎町1-1-8 ゴールデン街1番街
   電話03-3202-0616
Charge500円(1ドリンク600円〜)

okada.jpg
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 14:24| イベント情報

2019年05月30日

「クリハラタカシとくりはらたかしの蔵出し掘り出しワンダーランド」

 マンガ家として「隊長と私」(弊社刊)、絵本作家として『これなんなん?」(くもん出版刊)の新刊を刊行し、今後も絵本などの新刊の刊行予定が続く、マンガ家クリハラタカシさんと絵本作家くりはらたかしさんの二人展。過去に制作した作品などを蔵出し掘り出し展示。原画のないデジタル作画作品の校正やラフやネームの展示も? クリハラさんのアニメーション作品『happy bogeys』も小さいDVDプレイヤーで再生予定。
 
開催日時/2019年6月1日(土)〜6月30日(日)9時〜22時30分
会場/ブックスルーエ階段踊り場ギャラリー
東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目14-3
詳細は
http://www.webdoku.jp/event/2019/0516131957.html
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 16:35| イベント情報

2019年04月19日

キクチヒロノリ個展「ALCHEMICAL GRAPHICS」

タコシェにて漫画家・キクチヒロノリさんの展示が行われます。
2011年頃から漫画の手法で夢や頭におもい浮かんだ事柄をモチーフに、錬金術や銅版画、木版画、古い術師の言葉に通じるものが頻出する緻密なモノクロ画を茨城で発表の予定がないまま描き続けていました。今回、これらの作品を集めた画集『Alchemical Graphics』の発行にあわせ、驚くほどの集中力で密に描かれた、思考の回路や曼荼羅のような作品を展示をすることになりました。発掘された古代の石版か、はたまた宇宙からのメッセージか!? シュールで神秘的なキクチヒロノリさんの脳内世界をご堪能下さい。なお会期中、在庫僅少となっている『爆烈瞑想バキトマ道』(98年、小社刊)も入荷されますのでこの機会にぜひ!

会期:4月27日(土)〜5月10日(金)12時〜20時
場所:タコシェ
東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F
tel.03-5343-3010
http://tacoche.com

◎アーティスト来店アワー
5月3日(金)15:00から夕方まで、キクチヒロノリさんが在店されます。

alchemicalgraphics_cover600.jpg

『ALCHEMICAL GRAPHICS』

220mm×290mm/上製コデックス装・表紙箔押し/96pages
予価:2500円〜3000円
フランスはマルセイユでシルクスリーンを用いたアートブックを出版するLe Dernier Criのアートディレクター、
パキート・ボリノに表紙の絵とタイトルの構成を相談し、デザインを完成しました。
※展示の後、自主制作出版物を扱ういくつかの書店でも販売の予定です。

kikuchi600_1.jpg
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 20:11| イベント情報

2019年03月11日

佐々木マキ「いないいないばあさん」絵本原画展

佐々木マキさんの新作絵本「いないいないばあさん」(偕成社)の刊行を記念して、絵本原画の展示と、オリジナル作品の展示・販売を行います。ギャラリーでの個展はなかなか見ることができない、とても貴重な機会ですのでお見逃しなく! 作家在廊日はギャラリーHPでお知らせいたしますので要チェックです!

期間:4月6日(土)〜21日(日)12時〜19時 月曜休廊下
会場:ビリケンギャラリー
   東京都港区南青山5-17-6-101  
   電話03-3400-2478
   http://www.billiken-shokai.co.jp/

ささき001.jpg
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 20:33| イベント情報

2019年03月06日

中田いくみ「つくも神ポンポン」展

画家・コミック作家の中田いくみさんの新刊『つくも神ポンポン』の刊行を記念しての展覧会です。描きおろし作品やグッズ、既刊本を含むサイン本の販売もありますので、ぜひ足をお運びください。

期間:3月21日(木)〜31日(日)※27日・28日は休廊です。
   平日1時〜20時 土日祝1時〜19時
会場:ブックギャラリーポポタム
   豊島区西池袋2-15-17
   電話03-5952-0114
   http://popotame.net/

いくみ001.jpg
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 20:02| イベント情報

ひろせべに作品展「橋」

今年4月には、福音館書店より絵本『あそびうたするものこのゆびとまれ』『あそびうたするものよっといで』(どちらも中脇初枝/編)が発売となるひろせべにさんの個展です。今回のテーマは「橋」。橋を渡るとその先には何が待っているのでしょうか…。かわいいグッズも販売です。是非お立ち寄りください。

期間:3月16日(土)〜27日(水) 11時〜19時(最終日は17時まで)
会場:メリーゴーランドKYOTO
   京都市下京区河原町通四条下ル251-2 寿ビルディング5F
   電話075-352-5408
   https://www.mgr-kyoto2007.com/

いくみ002.jpg
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 19:59| イベント情報

2019年02月27日

小宮山博史講演会「だれが明朝体を作ったのか〜その誕生と歴史」

 過去に紀田順一郎、松田哲夫、種村季弘、山前譲、柴野拓美、長谷邦夫、杉浦康平、竹内博、木部与巴仁、九條今日子、池田憲章、辻真先、松居竜五、今野勉、東雅夫、根本圭助、小池一夫、山田太一、地引雄一、四方田犬彦、サエキけんぞうという方々を招き、特色ある展開を継続、全国から注目を集めてきた北島町立図書館・創世ホールですが、今回は書物の重要な構成要素であり、日本の近代化促進の礎となった活字書体にスポットを当てた、担当者小西氏入魂の企画です。特に、本好きで書体やそのデザインに興味のある方にとっては貴重な講演となると思いますので、お見逃しなく!


小宮山博史さん近影(撮影・提供=鳥海修).jpg


◎講師の小宮山氏のコメント「明朝体のデザイン様式は宋代または明代に書籍用の木版書体として開発されたが、それを今に続く印刷・表示用の代表書体に定着させたのは誰で、その理由はなにか。活字史でほとんど語られることのない近代明朝体の誕生とその発展について、多くの図版を使って解説しようと考えている。」(小宮山博史◎こみやま・ひろし 書体デザイナー、活字書体史研究家、佐藤タイポグラフィ研究所代表 神奈川県横浜市在住 76歳)

日時:3月16日(土)14時30分‐16時30分
会場: 北島町立図書館・創世ホール 3階多目的ホール
    徳島県板野郡北島町新喜来字南古田91 
    https://www.town.kitajima.lg.jp/docs/1804.html
入場料:無料
問い合わせ:図書館・創世ホール 電話:088−698−1100

小宮山博史先生講演会(創世ホール)チラシ・オモテ面画像データ20190316.jpg


小宮山博史先生講演会(創世ホール)チラシ・ウラ面画像データ20190316.jpg
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 20:10| イベント情報