2018年04月25日

六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展/MAMスクリーン008:近藤聡乃作品上映

「六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展〜建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」の同時開催として、近藤聡乃さんのアニメーションとマンガが上映されます。マンガは初の試みとして短編マンガをスライドショーの形式で発表。大きなスクリーンに映し出される美しい絵は隅々までその迫力が伝わります。椅子も設置されているので、ゆっくりとご堪能下さい。

期間:〜9月14日(月)※会期中無休
時間:10:00〜22:00(最終入館 21:30)
   ※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)
   ※「六本木アートナイト2018」開催に伴い、5月26日(土)は翌朝6:00まで開館延長(最終入館 5:30)
会場:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
   https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/mamscreen008/index.html
【料金】
一般:1,800円
学生:(高校・大学生)1,200円
子供:(4歳〜中学生)600円
シニア:(65歳以上)1,500円
※「建築の日本展」チケットで鑑賞可
※5月18日(金)「国際博物館の日」は一般の入館料が1,800円→1,700円になります。(対象は一般のみ。他の割引との併用はできません。)
問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

★映像作品
アニメーション
《電車かもしれない》2001-02年 3分56秒
《てんとう虫のおとむらい》2005-06年 5分38秒
《KiyaKiya》2010-2011年 6分39秒
マンガ作品 
《タンスの少年》2005/2018年 3分7秒
《まちあわせ》2005/2018年 3分7秒
《夢の浮橋》2015/2018年 5分40
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 18:36| イベント情報

2018年04月23日

第17回グラフィック「1_WALL」グランプリ受賞者個展・綾野本汰展「ラッキーオレンジメモリーズ」

イラストと漫画を組み合わせて独自の「変な世界」を表現した「こんにちは!! ザ・ワールド」で第17回グラフィック「1_WALL」のグランプリを受賞した綾野本汰さんの個展が開催されます。
グランプリ受賞時に続き近未来の砂漠が舞台となる本展では、作品を鑑賞しながら会場内を一周することでストーリーが展開します。空間全体で表現した綾野の「変な世界」をお楽しみください。

会期:6月5日(火)〜6月22日(金)11時〜19時 日曜休館
場所:ガーディアン・ガーデン
東京都中央区銀座7-3-5ヒューリック銀座7丁目ビル B1F
http://rcc.recruit.co.jp/gg/
入場無料

◎トークイベント
「サブメモリーズ〜制作報告〜」都築潤×綾野本汰
日時:6月11日(月)19時10分-20時40分
*参加無料・要予約→ https://17gra-ayano.peatix.com/

イラストレーションの枠を超えて「絵そのもの」について考える都築さんと、現在の表現に至った背景や、作品についてお話いただきます。

ayano honda.jpg
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 16:51| イベント情報

2018年04月13日

お蔵出し 『紙芝居ライブ!! 』

漫画の原点ともいえる紙芝居。伝統的表現の中だからこそ次々誕生する革新性!! "創作紙芝居イベント"『紙-1グランプリ』に出場された皆さんが、イベント(またはそれ以外)で披露した紙芝居の中から、面白かった作品を厳選して生上演!!(新作もあるかも!!)美味しいお酒や食事を頂きながら、豊かな夜を過ごせる事間違いなし!!

出演/河井克夫、堀道広、田中六大、三本義治
日時/5月12日(土)18時30分開場、19時開演
料金/予約1500円+1ドリンク500円/当日1800円+1ドリンク500円
会場/阿佐ヶ谷 よるのひるね
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2丁目13-4
http://yoruhiru.com/
予約/03-6765-6997又はyorunohirunepro@gmail.com迄お名前と電話番号を。

180413.jpg
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 15:08| イベント情報

2018年03月31日

マディ上原原画展覧会、『愚陋、呈ス苦有リ。安堵シテ・・・美ヲ撃テ!』(GROTESQUELYANDSHITTYBEAUTY)

期間:〜4月末まで(予定)10:00〜18:30 祝11:00〜17:30 (第1・3・5日曜休み)
会場:夢野書店
   東京都千代田区神田神保町2-3
   神田古書センター2F
   電話 03-6256-8993
   http://nmanga.mangadou.net/
   http://www.navi-bura.com/main.php/view/main_ca_4/sub_ca_2/0/00690/0/
   
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんにちは。
マディ上原著・『決定判2』刊行委員会コピーライトマークです。
神保町・夢野書店内に於いてマディ上原原画展覧会、『愚陋、呈ス苦有リ。安堵シテ・・・美ヲ撃テ!』(GROTESQUELYANDSHITTYBEAUTY)が千代田さくら祭りと同時並行的に、3月30日(金)〜約1ヶ月間開催中です。

展示作品には、珍しい人物画・ペン画の切り貼りコラージュや晩年の若き後妻へ贈られた油絵等非常にレアなものから代表的色彩画の最良のものまで揃い、書店内展示という事もありその気にさえなれば間近で手に取るように鑑賞出来ます!
叉、会場がマニアには堪らない異空間、老舗・夢野書店(旧 ・中野書店漫画部)というのもポイントです。お店のキャッチフレーズ・「nostalgic future=懐かしい未来へ」!

特に「マディ上原って誰?」というポップカルチャー好きな若人たち!
マディ上原とは、婆羅門の子、その名は阿逸多…、今から五十六億七千万年の後
竜華樹下において成道して、先のファインアートと特殊漫画をもって済度すべき使命を託された今後の全宇宙上で最もフィーチャーされる生命体の一種さ!

今回は敢えてグッズ販売もこれ迄の在庫処分的範囲に留め、展示だけで勝負!
今、神田古書センター2階が熱い!!

衆生の皆様!是非是非お友達お誘いあわせのうえ、千代田さくら祭りとマディ上原原画展覧会・へGO!! だ!

DSC_0904.JPG
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 13:21| イベント情報

2018年03月26日

「ガセネタだけ(他なし)2018」

1977年に山崎春美、浜野純、大里俊晴が結成した伝説のロックバンド、ガセネタが活動再開!

−−削ぎ落とすんだよ。削ぎ落として、削ぎ落として、のこった骨だけがぼうっと光っていればそれでいいんだ。(『ガセネタの荒野』より)
過剰と速度で駆け抜けるロック・バンド、ガセネタ。主宰山崎春美(Vo)、元Acid Mothers Temple、ZENI GEBA田畑満(G)、元ザ・スターリン乾純(Dr)、そして新たに元ゆらゆら帝国、不失者の亀川千代(B)を迎え、次なる記録に挑戦する。演奏曲は「父ちゃんのポーが聞こえる」「雨上がりのバラード」「宇宙人の春」「社会復帰」。

日時:4月25日(水)開場19:00 開演20:00
場所:新宿LOFT
東京都新宿区歌舞伎町1-12-9 タテハナビルB2
03-5272-0382
gasenetaco@gmail.com
料金:前売2500円(+Drink) 当日3000円(+Drink)

gaseneta180425.jpg
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 17:03| イベント情報

2018年03月16日

近藤ようこ×安藤礼二 ISISフェスタ2018年春 SIS FESTA 「DONDEN祭」VOL.1 「うしろの正面だあれ」


マンガと原著、また新書や文庫を「編集」 というキーワードでつなぐDONDEN祭り。 その第一回目は近藤ようこさんと批評家の安藤礼二さんがゲスト。松岡正剛とのスペシャル鼎談、 参加者のみなさんへのお題も予定していますのでお楽しみに! 

日 程:3月25日(日) 15:00-18:00
場 所:豪徳寺 本楼
参加費:5,400円(本体価格:5,000円)
申込先:https://es.isis.ne.jp/shop/products/detail.php?product_id=466
★ゲスト講師:近藤ようこ 安藤礼二
★スペシャル鼎談/松岡正剛
会 場:東京都世田谷区赤堤2丁目15番3号 編集工学研究所
     Tel.03-5301-2213
     http://www.eel.co.jp/access.html

※会場では書籍の物販も予定していますのでよろしくおねがいします。
※ちなみにDONDENとは、昨年にオープンした松岡正剛・ 総合監修の近畿大学アカデミックシアター。その2Fにあるマンガ・新書・ 文庫で構成された3万冊のブックウェア・スペースです。
DONDENについての詳細
http://www.eel.co.jp/news/ update/page.html?id=1202
https://www.kongo-corp.co.jp/ passion-plus/passion-report/ kindaibibliotheater.html
マンガから知の奥へ、 また原著からマンガへと知のどんでん返しが起こる空間が話題を呼んでいます。
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 15:29| イベント情報

2018年03月12日

『夕暮れへ』出版記念・齋藤なずな個展

 実に20年ぶりとなる作品集『夕暮れへ』(弊社刊)の発売を記念して、初の個展が開催されます。その驚くべき画力と、圧倒的なマンガ表現力はさすがベテラン作家、と見る者を唸らせます。作品集収録の短篇マンガ原稿展示の他に、大好きな猫のイラスト、そして色香漂う描き下ろし絵をご堪能下さい! 

期間:2018年3月24日(土)〜4月8日12:00〜19:00(月曜休廊)
会場:ビリケンギャラリー
   東京都港区南青山5-17-6-101
   電話03-3400-2478
   http://www.billiken-shokai.co.jp/
★初日3月24日(土)3月25日(日)作家在廊の予定です!

saito_dm1.jpg


saito_dm2.jpg


Yuugure_Cover.jpg
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 13:52| イベント情報

2018年02月24日

「根本敬レコジャケ展」

大作「樹海」を描き上げた根本氏が、久々のレコードジャケット展を本拠地RRRで開催します!
会場には会期中常時作家が在廊し、DJをやりながら絵を描いているとのこと。サロン的な雰囲気の中でゆったりとご鑑賞下さい。

会期:3月7日(水)〜3月11日(日)12時〜21時頃
場所:両国RRR
東京都墨田区両国1-3-9 ムラサワビル〈1〉3階
tel.03-6666-9052
http://rrr666.net/

※土日の19時〜何かしらのイベントを予定。詳細は根本敬公式HP東京キララ社RRRのサイトをチェックして下さい。

recojacke.jpg
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 16:34| イベント情報

2018年02月20日

スペクテイター vol.41 「つげ義春」特集号刊行記念トークイベント

スペクテイター vol.41「つげ義春」特集号の刊行(2月20日発売)を記念してトークイベントが2箇所で開催されます!

◎第1弾「つげ義春と、ひなびた温泉研究」

つげ義春がマンガに描いた「ひなびた温泉」をこよなく愛し、つげの著書をバイブルと公言する「ひな研」とは、一体どんな団体なのか? その活動を紹介しながら、「つげ作品」の魅力についても語っていただく予定です。

日時:2月27日(火)18時開場 18時半開演 19時半終演
会場:新宿 BEAMS JAPAN 4階 TOKYO CULTUART by BEAMS
東京都新宿区新宿3-32-6 4F
TEL:03-5368-7328
http://www.beams.co.jp/beams_japan/
参加費:無料
定員:20名
予約方法:電話にてご予約を受け付けます。*受付時間(11時〜20時)
電話:03-5368-7328
出演:「ひなびた温泉研究所」主宰者・岩本薫、スペクテイター編集部・赤田祐一(聞き手)

◎第2弾「つげ義春と私小説」
「つげ義春」特集号に寄稿する文芸評論家の坪内祐三さんをお招きして、「つげ義春と私小説」をテーマにお話をうかがいます。

日時:3月30日(金)19時半開演 21時終演
会場:荻窪〈Title〉1階 特設スペース
東京都杉並区桃井1-5-2
TEL:03-6884-2894
http://www.title-books.com
参加費:1000円+1ドリンク(500円)
定員:25名
お申し込み方法はコチラ→ http://www.title-books.com/event/4093
出演:坪内祐三、スペクテイター編集部・赤田祐一(聞き手)


●スペクテイター vol.41「つげ義春」特集号の主な執筆者
遠藤政治(アニメーション演出家)、高野慎三(北冬書房代表)、坪内祐三(文芸評論家)、山口芳則(元水木プロ)、菅野修(漫画家)、河井克夫(漫画家)、ばるぼら(ネットワーカー)ほか。
「つげ特集」スーパーバイザー:浅川満寛(劇画史研究者/ヴィンテージオーディオ輸入販売)
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 15:35| イベント情報

2018年02月16日

「ひろせべに ミニ作品展 ぺんしる」

期間:2月17日(土)〜3月2日(金)10時〜18時(3/2は18時まで)
会場:恵文社一乗寺店生活館ミニギャラリー
   京都市左京区一乗寺払殿町10
   電話075-711-5919
   http://www.keibunsha-store.com/

本誌アックスで不定期連載「ハムサンドイッチからしぬき」でおなじみの、ひろせべにさんのミニ個展が開催されます!
 児童書『なんでそんなことするの?』の挿画や、粘土でつくるオブジェなど、独自のユーモアとセンス溢れる作品を手掛けるひろせべにさんの可愛くて楽しい作品にワクワクしてください。また今回はひろせさんの作品に加え、お菓子の森川による焼菓子と、ミルクシスルの春らしい手作りワンピースやパンツも並ぶ予定だそうで、春が待ち遠しい空間となりそう。是非おこしください。

べに001.jpg
posted by 青林工藝舎イベント情報 at 20:37| イベント情報